ふと、自然の中で

軽井沢・ピッキオの「たろー」が、日々の仕事や暮らしの中で出会った自然や人への思いを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天からの手紙

みなさま、こんばんは。

 軽井沢はとても寒くなってきました。

 今日は午後の間中、森の整備をしていたのですが、終了間際にふと見上げると夕日に輝く浅間山に雪が積もっていました。

  夕焼け浅間山

 そして、今オフィスの外では少し雪がちらついています。


 「雪は天からの手紙である」と言われたのは、一生を雪の研究にささげた中谷宇吉郎博士の言葉です。これは、雪の結晶をみれば上空の温度などの条件が分かることから、そのように言われたということですが、とても素敵な言葉ですね。

 この手紙、読む人によって、色々なことが書いてあるのかもしれません。

 さて、今年の軽井沢への手紙はいつもよりちょっと遅めになっているようです。

 今日もありがとうございました。

たろー

 
 
スポンサーサイト
  1. 2007/11/21(水) 18:51:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜空を見上げて(遠い記憶)

みなさま、こんばんは。

 最近すっかり寒くなりましたね。今朝は軽井沢では-2℃。私が住んでいるのは標高の低い隣町なのですが、車には霜が凍り付いていました。

 さて、最近私は夜の星空のツアーを担当しています。
 
 星のやお泊まりの方限定のツアーですが、寒空の中、暖かいシュラフに入りながら星空を見上げるのは、とても神秘的ですよ。

 ツアーの最中には、星座にまつわる神話や星の科学的な話などをお話するのですが、私がよく話をするのは、私たちの体のことです。ちょっと長くなりますが、お付き合いください。


 みなさん、私たちの体は何からできているかご存じですか?
 アミノ酸?タンパク質?いやいやもっと細かく炭素?窒素?カルシウム?
 
 そうですね。もちろん、それも正解です。

 でも、私がいつも答えにしているのは、「星」なんです。つまり「私たちの体は星からできています」ということをお話しています。

 私たちの体のタンパク質や骨などを構成するのは、もちろん炭素や窒素やカルシウムといった元素なのですが、これらの元素は基本的に地球上で作られたものではありません。地球ができる前からあったものです。

 では、その元素達はどこで作られたのでしょうか?
 そうです!答えは「夜空に輝く星の中」なんです。

 夜空に輝く星、すなわち恒星の中では、常に核融合反応が起きていて水素→ヘリウム→リチウムと様々な元素が作られていきます。これらの段階が進む毎に、星は年をとっていくのですが、最後にはしぼんでいったり、または爆発したりして、そのような元素を周りにまき散らします。

 そのようにして宇宙空間に漂うようになったガスやちりがまた集まって、主にガスが集まった中心部には太陽のような恒星がうまれ、その周りには、もう少し重い元素からなる地球のような惑星が誕生したりします。そしてそのような惑星のうち、私たちの住む地球では、きっと、すごくすごく奇跡的なきっかけで、生命が生まれました。地球上にある元素を材料として。
 
 私たち生命の体を構成する元素は、地球が生まれる前、つまり50億年以上も前には、一度は星として輝いていたんです。爪も、皮膚も、髪の毛も、全てが。

 そう考えると、遠い夜空の星と自分がふとつながったように感じますね。
 夜空を見上げたときに、時を忘れて見入ってしまうのは、私たちの体が遠い記憶を思い出しているからかもしれません。

 本当に長くなってしまいました。

 今日もありがとうございました。

たろー

  1. 2007/11/17(土) 22:25:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔の時間

みなさま

 こんにちは。

 古民家好きな私ですが、昔ながらの食べ物もとても好きです。
 ですから、「古民家で郷土食」なんていうお店があるとすぐに行ってしまいます。

 先日は、南信州にある「トンキラ農園」というお店に行ってきました(同じ長野県にあるのに車で片道4時間もかかりました...)。

 地元の農家の方が作られた野菜の煮物やご飯、こも豆腐、きのこ汁などとても美味しかったです。ちなみに、このトンキラ農園は最近かなり人気がでているようでした。

    流し?


 写真は裏手にあった流し(?)です。
 昔はここに水を流しながら、野菜を洗ったりしたのでしょうか。

 食事一つとってみてもしっかり時間をかけざるをえなかった時代、その頃の時間の流れを感じさせるような苔にふと目がいってしまいました。

 今日もありがとうございました。

たろー
  1. 2007/11/15(木) 16:10:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「有り難い」こと

みなさま

 こんにちは。
 今日は嬉しかったことのお話です。

 日々普通に過ごしていても、よく気をつけてみると「嬉しい」と感じることって実はたくさんありますよね。コーヒーが美味しかったとか、朝日や雲が綺麗とか、ちょっとした買い物でお店の人から丁寧な言葉をいただいたり。

 ガイドという仕事をしていると、たくさんの方々と出会う分、そんなことも多くなるのがとても嬉しいことです。
 
 ガイドの後に「楽しかった」と言っていただけることは何よりも嬉しいことなのですが、それ以外にも、お家でのパーティーに呼んでいただいたり、結婚式のお祝いにお誘いいただいたり、なんてとても有り難いこともあります。

 先日、ご案内した「全(ぜん)君」からは、こんな絵をいただきました。

   嬉しいもの
 本人よりもよく描けています。。。

 絵を送ってくれた全君は将来は自然を守るレンジャーになりたいそうです。
 そんなふうに思っていただけたこと、本当に「有り難い」ことだと、ふと思うのでした。

 今日もありがとうございました。

たろー

 
  1. 2007/11/03(土) 15:30:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の輝き

みなさま、こんにちは。

 軽井沢もいよいよ寒くなってまいりました。
 そして周辺の紅葉もいよいよ美しくなってきています。全体としては、真っ盛りを少しだけ過ぎた感じですが、紅葉の一番の主役カエデの仲間がとてもきれいに色づいてきています。

   楓の紅葉

 木の葉達は、生まれてくる時も本当に美しい色をまとって生まれてきますが、落ちる時にもまた生まれてくる時にはない「輝き」をまとっていますよね。

 そして、みんなそれぞれの色づき方で輝いていることで、全体がさらに美しくなっているように感じます。

 自然や木々を見ていると、「画一」ではない、そして「均一」でもないことの美しさとそこから生まれる不思議な調和を、ふと感じてしまいます。

 今日もありがとうございました。

たろー

 
  1. 2007/11/02(金) 16:13:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。