ふと、自然の中で

軽井沢・ピッキオの「たろー」が、日々の仕事や暮らしの中で出会った自然や人への思いを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

光の朝

みなさま、こんばんは

 今日の軽井沢は、お昼間とてもよく晴れました。

 さて、今回は能登ツアーの続きの話を書こうと思っておりましたが、先日minto様のコメントへの返信でも書きましたように、小浅間山に登ってきましたので、その話をさせていただきますね。


 私たちのツアーにはいろいろなものがあります。
 今回のツアーは小浅間山に登って日の出を見よう、というものでした。

 前日、前々日と雪が降っていたため、登山道は途中20cm程度の積雪がありました。
 久しぶりの雪の中での山登り、お客様も私もハァハアいいながら登っていきます。

 凜とした空気の中、ふと頬に暖かさを感じたような気がして空を見ると、東の空が白み始めています。

 山頂に向かう途中で、雲海の上にお日様が顔を出してくれました。

  小浅間山からの日の出

 朱色から橙色へ、さらに明るく。

 太陽の光は刻々と色を変えていくのに、その色の境目は分かりません。
 ただ、絶え間なく変わりゆく色と光の美しさに見とれていました。

 しばらくして、ふと下をみてみました。
 
  光りの草

 陽の光を浴びて、枯草が輝いています。
 こんなに輝いているのは、雪がついているからでしょうか、それとも枯れているからこそでしょうか。草むらの奥では雲が金色の波のようにうねっています。


 山頂に着くと、白色に近くなった朝日の下、雲海が森と町を覆っていました。

  雲海

 町に降りればすっかり鈍色の曇り空でしょう。

 でも、その上にはこんなに明るい光の朝があって、私たちは一瞬時を忘れるほどの美しさを目にすることができたのでした。


 今日もありがとうございました。

たろー
スポンサーサイト
  1. 2008/11/29(土) 17:26:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

古き良きもの

みなさま、こんばんは。

 さて、さきほどの記事の続き、能登の旅です。

 私が能登について最初に感じたことは、「里山(海)と日本家屋の風景が素晴らしい」ということでした。
 
 私は古民家が好きなこともあって、各地の田舎に出かけますが、今はどこの場所でも新しく立てられる家々は現代的な民家になっていて、集落に統一感はありません。

 でも、能登の周辺の家々は、純和風の構造に黒光りする瓦屋根、でほぼ統一されています。
 違うタイプの家はほとんどありません。新しく作られている家もそのような作りになっています。

  能登の海辺の集落  能登の集落

 これはなぜなのでしょう。。。
 
 昔からしっかりした家を造って長く使ってきたからかもしれません。
 あまりよそ様とは違ったことをしない、という考えが強い地域なのかもしれません。

 いろいろ考えられますし、どれも一理あるのでしょう。
 でも私は、きっとそういう家のつくりが、住む人にとって「しっくりくる」ものだったから選ばれ続けているのではないか、と思っています。

 能登の風土にあわせて、無理なく根付いて、長く暮らしていこう、という気持ちが強いから、昔ながらの家が一番選ばれているのかもしれません。もちろん全くの推測ですが。

 風土に根ざさない目新しいものはすぐに色あせてしまいます。
 でも、能登の集落は地域の自然と一体化していて、古いからこそ今では日本の他の地域にはなかなか見られない魅力を持つようになってきたように思います。

 ちょっと今日は堅くなってしまいましたね。

 あっ、そうそう、今回の度で一番印象的だったものを最後にご紹介しますね。
   小学校の標語

 小学校の標語です。シンプルが一番!

 
 まだまだ書きたいことがありますが、また日を改めて。

 今日もありがとうございました。

たろー



  
  1. 2008/11/22(土) 22:47:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

エコツアーへの取り組み

みなさま、こんばんは。

 寒くなってきましたが、お元気ですか?

 私は少々忙しかったのと、ちょっと体調を崩したこともあって、ブログの更新が大変久しぶりになってしまいました。申し訳ありませんでした。

 さて、秋の話題に触れる間もなく軽井沢には冬が来ましたよ。

 紅葉と霜と白詰草

 先週は雪も降りました。

 こんな中、先週は石川県の奥能登にエコツアーセミナーの講師の一人として、出張に行ってまいりました。

 能登セミナー

 今、全国の各地でエコツアーをはじめてみよう、とか、考えてみよう、という取り組みがさかんになってきています。

 今回のセミナーでも参加者のみなさんはとても真剣で、いつにもまして事業としての可能性に関しては真剣な質疑が繰り返されていました。

 私はガイドとしての技術などをお話ししたり、ワークショップをしたりする担当でしたが、みなさまからの質問などでかえって自分が勉強しに行っている感じになります。

 正直なところ、エコツアーで生計を立てていくのはまだまだ難しいです、

 でも、地元の自然などを無理のない形で活かして、大切にし、外から来た方にも喜んでもらう。そんな事業ができたらとても素晴らしいことだと思っています。

 自分達ですら「まだまだ」ですが、関係する方々と切磋琢磨しながら、お客様にとって魅力のあるツアーを作っていきたいです。

 さて、ところで能登は本当に素晴らしいところでした。
 例によって出張の帰りにお休みをいただいて、少し廻って来ましたので、続けて書いておきますね。よろしかったらどうぞお付き合いください。

 今日もありがとうございました。

たろー





 
  1. 2008/11/22(土) 22:23:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。