ふと、自然の中で

軽井沢・ピッキオの「たろー」が、日々の仕事や暮らしの中で出会った自然や人への思いを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嵐の後に

 みなさま、こんにちは。

 軽井沢では、昨日の台風の影響はかなりのものとなりました。
 町内では、倒木にあたって亡くなった方まで出てしまいました。

 昨日のブログでは、嵐の凄さにワクワク感を感じるという主旨のことを書きましたが、被害に遭われた方に対しては、結果的に不謹慎な内容になってしまいました。慎んでお詫びを申し上げます。


 今朝の軽井沢の様子ですが、このようになっていました。

   国道146号の倒木

 出勤途中もたくさんの倒木が道をふさいでいたのですが、ピッキオのVCの近くでも、このように大きなカラマツが国道をふさいでいました。

 そして、野鳥の森の中でも同じような状況がそこかしこにありました。

   野鳥の森の倒木

 この夏川遊びで楽しんだ湯川は、ゴウゴウと響く濁流となっていました。

 
   濁流の湯川

 倒木の伐採など、遊歩道の片付けをしながら、自然の圧倒的な力を感じていました。
 もし、昨夜、この森の中にいたら、ただただ恐怖しか感じなかったでしょう。

 自然に対する思いを、また新たにしてくれた一日でした。

たろー

スポンサーサイト
  1. 2007/09/07(金) 16:20:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<夕暮れ時に | ホーム | 嵐の夜に感じるものは...>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taropicchio.blog106.fc2.com/tb.php/15-3b52a61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嵐嵐(あらし)は、強い雨を伴う暴風のことである。正式な気象学の用語ではない。日本では台風、あるいは北海道沖や三陸沖、日本海などで発達する温帯低気圧等による暴風雨を指す。晩秋から春先にかけては、日本付近で急発達する温帯低気圧によってもたらされる場合が多く...
  1. 2007/09/26(水) 08:40:36 |
  2. みなみの部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。